入ってて良かった!自動車保険

自分が気をつけていても事故は起こります。自動車事故や、自損事故、物損事故などを起こした時に自動車保険に入っていて助かった経験談をお届けいたします。

JA共済の自動車保険で、相手のシャッターも、自分の軽自動車も無事直りました。

私は、昨年、隣の家のシャッターをバックで壊してしまいました。

DとRのレンジを間違えた

その日は、たまたま私の家の庭を工事が入っていました。

そして、車を隣の家に置かして貰っていました。

そして、考え事をしていたら、DとRのレンジを間違えてしまいました。

止まった状態からだったので、スピードは出ていない事もあり、車はあまり壊れなかったのです。

が、シャッターは弱い部分に当たったみたいで、結構壊れてしまいました。

すぐに自動車保険に加入していたJA共済に連絡

すぐにJA共済に連絡すると、担当者が来てくれました。

そして、事故処理の他、警察も呼んでくれて、大変助かりました。

今まで免許を取って以来、一度も事故を起こしたことがなかった

今まで免許を取って以来、一度も事故を起こしたことがなかったのです。

なので、保険に入る意味があるんだろうかと思っていました。

が、今回のようなことがあるので、保険には入るべきだと改めて思いました。

スズキのワゴンRで、年間で7万円弱の掛け金

私の車は、スズキのワゴンRで、年間で7万円弱の掛け金を払っていました。

補償は、対人、対物はもちろん無制限。

人身傷害3000万、自分の車に対する補償も単独でも出るものに入っていました。

なので、自己負担なく、シャッターも車も直りました。

自動車保険で賄われた最終的な金額

最終的な金額としては、

  • シャッターの修理代が20万5千円
  • 私の車の修理代が15万弱

でした。

手続きは、特に難しいこともなく

手続きは、特に難しいこともなく。

相手がシャッターだったこともあり、すぐに終了しました。

担当者の方が、相手の修理状況などを丁寧に何回も電話をくれました。

なので、心配することなくお任せできました。

翌年に上がる掛け金なども試算してくれました

翌年に上がる掛け金なども試算してくれ、1万円ほど上がることも教えてくれました。

親切で丁寧な対応で、感謝の言葉しかありません。

車に乗る以上は、相手に対する補償は無制限で入るべき

最近の若い人の中には、任意保険に加入していない人もいると聞きました。

車に乗る以上は、運転する人の最低限のマナーとして、相手に対する補償は無制限で入るべきだと思います。

入ってなくて大変な思いをするのは、加害者もそうですが被害者もです。

相手を思いやる心が重要だと思います。

広告

Comments are closed.