入ってて良かった!自動車保険

自分が気をつけていても事故は起こります。自動車事故や、自損事故、物損事故などを起こした時に自動車保険に入っていて助かった経験談をお届けいたします。

レンタルビデオ屋の駐車場で死角にあった柱にぶつけた車、SBI損害保険の車両保険で修理代がまかなえました

レンタルビデオ屋の駐車場で死角にあった柱にぶつけた車、SBI損害保険の車両保険で修理代がまかなえました    

SBI損害保険に加入していて、乗っている車はスズキのラパンです。

保障内容

加入してる保障の条件は

  • 対人・対物無制限、人身傷害保険3000万円。
  • 搭乗者傷害保険。
  • 車両保険70万円(車対車免責0、その他5万)

です。

弁護士費用特約などは無駄なものを一切省いて、必要最低限のスリムタイプです。

年間23,000円になります。

これまで、10年間以上自動車保険に加入してきました。

が、被害事故をすることはあっても、自分で事故をすることがなかったです。

なので、無駄金だとは思っていました。

ですが、被害事故にあったときに、100万以上の金額を相手保険会社から受け取りました。

なので、何かあったときのために、やはり必ず加入しておかないといけないと思っていました。

自動車保険は、安心のためのお金だと割り切っていました。

自分も物損事故を起こしてしまう・・・

しかし、レンタルビデオ屋の駐車場で死角にあった柱に自分の車両をぶつけてしまいました。

フロントバンパーをふくめ、かなりのへこみを作ってしまいました。

工場で色々見積もりを出して貰ったら、15万〜20万ほどです。

保険を使用した場合の等級ダウンも考えました。

が、保険会社に連絡し、金額を比べてみたました。

そうすると、使用した場合は、来年度3000円程度の保険料がアップで済むようでした。

修理代が、それなりに高額なだったため車両保険を使用することにしました。

オプション選びに失敗して後悔

悲しかったのは、それまで免責0の車両保険にずっと加入していたのに、ずっと事故が起こらなかったため免責5万円がある保険に変えてしまっていたことでした。

つまり自己負担が5万円出るということです。

保険を使用するときに限ってこういうことが起こるんだなと少し落ち込みました。

物損事故の場合のSBI損害保険の申請手続きは簡単

申請手続き事態はとても簡単です。

すべて電話で保険会社とやりとり。

保険金請求書にサインだけして、あとは修理代15万円を修理工場に振り込んでもらいました。

私の手元には車両保険金は入ってきていません。

車はまだまだ使っています。

車はまだまだ使っています。

今回は小さな事故でしたが、相手がいる場合など、かなり金額は大きくなる場合もあります。

そのために、やはり保険には加入しておくといざという時に安心です。

最低限「対物対人無制限」には入っておけば、他人に金銭的にご迷惑をかけずにすみます。

広告